かくれ脱水

かくれ脱水

 

 

 皆さんこんにちは。

こだわり工務店そうしんのコラム配信です。

 

 皆さんはかくれ脱水という言葉をご存じでしょうか。

かくれ脱水とは、脱水症状の一歩手前の状況でそのまま放っておくと脱水症状から熱中症のようになってしまう危険も…!

 

冬は、空気が乾燥し温度が下がることや、夏に比べ喉が渇きにくいなどの理由から、お水を飲む量が少ないこともあり、脱水していることに気づきにくくなります。しっかり対策をしましょう

 

 

【かくれ脱水のサイン】

・カサ……手先などの皮膚がカサカサしている

・ネバ……口の中が粘る、食べ物が飲み込みにくい

・ダル……脱水の初期から表れる症状でダルさを感じる

・フラ……めまいや立ちくらみでフラっとする状態

 

 

~かくれ脱水対策~

 

〇水分補給

脱水に最も効果的な予防方法は水分補給です。食事のときだけでなく、こまめに水分を取るようにしましょう。普段の水分補給にはできるだけお水や白湯(さゆ)を摂ることが大切です。利尿作用の強いカフェイン飲料やアルコールではさらに脱水に陥りやすくなります。また、スポーツドリンクには塩分や糖分が多く含まれているため、普段の水分補給としては控えるようにしましょう。

 

 〇乾燥対策

部屋の湿度を上げることで、乾燥を防ぎ体の表面から逃げていく水分を減らすことができます。同時にウイルス対策もできるので風邪予防にもつながります。加湿器を使ったり、濡れたタオルを室内に干すだけでも湿度は上げることができます。

 

 

 〇体温調節

暖房の使用で体が暖まっているにも関わらず厚着のままでいると汗をかき、体の水分が奪われて体が冷えてしまいます。脱ぎ着しやすい服装で体温をコントロールしましょう。

 

 

 今回のコラムはここまでです。

水分補給や乾燥対策を行いかくれ脱水にならないように注意していきましょうね。

 

 

 参照:https://waterstand.jp/waterlife/water_healthy/waterlife00055.html

参考:https://www.cocacola.co.jp/article/special-considerations_06

 

その他のコンテンツ