カビの繁殖を防ぐためには?

 

カビの繁殖を防ぐためには?

 

皆さんこんにちは、こだわり工務店そうしんのコラム配信です。

 

 

もうすぐ梅雨の時期ですね。高い湿度はお家の大敵。今回は梅雨の時期に備えて出来るお家のお手入れ方法をご紹介します。

 

カビの生育には条件があります。

それは、温度、湿度、栄養源。

温度や湿度にはピンと来られた方もいるかと思いますが、栄養源って…?と思われた方もいるでしょう。この栄養源とは、ゴミやホコリ、カーペットや畳などのことを指します。

 

この条件のうち、一つでも抑えることが出来れば普段よりカビの発生を抑えることが出来ます。

 

カビ菌は050度までの範囲は基本的に活動可能なので、気温に関しては過敏にならず、体調を崩さない様自身の過ごしやすい気温にしましょう。

 

部屋の隅、家具の裏側はホコリが溜まりやすく、空気が動きにくいので湿気も多くなりカビが生えやすい場所。そのほかには、窓両側のカーテンが掛かっている壁や窓サッシにもホコリが多くつきがちです。

特に日当たりがよくない部屋、半地下の部屋、家の北側や壁の外側が擁壁で風通しがよくない部屋を中心に梅雨入り前から掃除し、カビの好物を減らしましょう。

 

外の湿度が高い時はなるべく窓を開けない。

快晴の日なら、気温が高くなるお昼から午後にかけて湿度が低めになりますが、曇りや雨天時は時間に関わらず終日湿度が80%以上ということも。終日湿度が高いときは、窓開け換気をしないか、または窓を開けて上がった湿度を除湿器で下げ、室内の湿度をコントロールします。

 

 

家具を壁から3~5センチほど離す。隙間を空けておくと掃除がしやすくカビの栄養源のホコリを減らすことが出来ます。家具を移動した際は、床だけでなく壁のお掃除も忘れずに!

  

 今回のコラムはここまでです。

梅雨に入る前に出来ることをして、出来るだけカビの発生を減らしていきましょう!

 

 

参照:http://www.kis.gr.jp/page/jyozu-mold.html

参照:https://curama.jp/magazine/384/

 

その他のコンテンツ