建具の色、床の色について②

 

 建具の色、床の色について②

 

皆さん、こんにちは。

こだわり工務店そうしんのコラム配信です。

 

 

 

今回のコラムは前回、建具の色や印象についてのコラムの続きとなりますので、前回のコラムをまだご覧になられていない方は、是非そちらもご覧ください♪

 

 

 

建具の色は床の色に合わせるのが無難で落ち着きのある空間になります。

床の色より明るい色の建具(膨張色・薄色)を選ぶことでお部屋を広く見せることが出来ます。

 

建具の色とクロスの色を合わせることで奥行きを感じることのできる空間になりますよ。

 

左の写真のお部屋のほうが明るく広く感じ、右の写真のお部屋のほうが落ち着きのあるように見えますよね。

 

白系のフローリングだと、

・部屋が明るくなり開放的に見える

・ほこりが目立ちにくい 等

 

黒系のフローリングだと、

・部屋が落ち着いた雰囲気になる

・細かい傷が目立ちにくい 等

 

といった特徴があります。

 

 

床や建具の色でお部屋の印象が変わることをお伝えしてきましたが、自分の好きな色、デザインを選んでお気に入りの空間を演出してくださいね!

 

 

今回のコラムはここまでです。

お好みのインテリアに合わせて、建具やクロス選びを楽しんでくださいね♪

 

 

 

参照:https://www.smart-daisuke15.com/archives/1910

参照:http://refopedia.jp/fixture

 

 

 

その他のコンテンツ