熱中症の予防・対策について

熱中症の予防・対策について

 

皆さん~こんにちは。

こだわり工務店そうしんのコラム配信です。

 

熱中症は気温が高いなどの環境下で、体温調節の機能がうまく働かず、体内に熱がこもってしまうことで起こります。小さな子どもや高齢者、病気の方などは特に熱中症になりやすいため注意が必要です。特に梅雨明けの蒸し暑く、急に暑くなる7月には、体が暑さに慣れていないため、例年熱中症による救急搬送者数や死亡者数が急増しています。 周りの温度に体が対応することができず、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かないなどが原因で起こります。

 熱中症にならないために、新型コロナウイルス感染防止のための「3密」を避けつつ、十分な対策を行いましょう。

 

 

(1)適宜マスクをはずしましょう

・気温・湿度の高い中でのマスクをすると熱中症のリスクが高くなるため注意が必要です。

・屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合は、マスクをはずしましょう。

・マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとったうえで、適宜マスクをはずして休憩を。

 

 

(2)こまめに水分を補給しましょう

・のどが渇く前に、こまめに水分を補給する(目安は1日あたり1.2リットル)。

・たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩あめなどで水分とともに塩分も補給。

・入浴後の脱水にも注意

入浴により約800mlの水分が失われてしまいます。(41℃の風呂に15分入浴後30分安静時)脱水により熱中症を引き起こす危険性がありますので、入浴前後の水分補給が重要です。

お茶やアルコールには利尿作用があり、身体の中の水分を外に出してしまうため、水分の補給に適していません。また、汗には塩分(ナトリウム)などの電解質(イオン)が多く含まれているため、水だけ補給しても熱中症の予防にはなりません。0.1%~0.2%の食塩水やイオン飲料、経口補水液を摂るようにしましょう。

 

 

(3)暑さに備えた体づくりをする

・暑くなり始めの時期から、適度に運動を。

・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で行いましょう。

・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度行い、身体が暑さに慣れるようにしましょう。

 

 

(4)小さい子どもや高齢者は屋内での熱中症にも注意

・熱中症は屋内でも起こりやすい。

小さい子どもや高齢者、病人がいる家庭では、冷房の使用を我慢しすぎないで、適切にエアコンを利用しましょう。

 小さい子どもは、汗腺をはじめとした体温調節機能が十分に発達していないため、気温が皮膚温よりも高くなったときに、深部体温が上昇し、熱中症を起こしやすくなります。ふだんから、風通しのよい涼しい衣服を着せ、水をこまめに飲ませるようにしましょう。

 高齢者は、暑さを感じにくい上に体温調節機能の大切な役割を果たしている発汗と血液循環が低下し、暑さに対する抵抗力も少なくなっています。また、のどの渇きを強く感じないため、水分不足になりがちで、気づかないうちに熱中症を起こしてしまう場合もあります。熱中症にならないために、のどが渇いていなくても、早め早めに水分補給をしましょう。

 

 

(5)十睡眠不足や寝汗も影響する

寝ている間にも汗をかいており、一晩でコップ一杯分もの水分が身体から失われています。また、暑さのため眠れないと体力が奪われますし、睡眠不足自体も熱中症のリスクになります。

 いつでもどこでもだれでも条件次第で熱中症にかかる危険性がありますが、熱中症は正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぎましょう。

 

今回のコラムはここまでです。

 

 参照:https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9885.html

 参照:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/31_nettyusyo/index2.html

 

その他のコンテンツ