キッチンのレイアウト

こだわり工務店のそうしんコラム第4回目配信です。

今回は、誰もが利用するキッチンついて取り上げていきます。

 

キッチンのレイアウトには、①アイランド型、②ペニシュラン(半島)型、

U型、④L型、⑤I型があります。

アイランド型は、名前のとおり壁とつながる部分がなく

島のようなキッチンになっております。

ペニシュラン(半島)型では、キッチンの左右どちらかが壁とつながり、

壁の近くにコンロを設置されることが多くアイランドキッチンより

換気扇の種類を多く選択できます。

U型は、作業スペースが広く作業動線が短く作業がしやすいです。

L型は、文字の通りキッチンをL型の形にしており作業動線が短く

お料理が好きな方が選択されることが多いです。

I型では、シンク、コンロを一列に配置しており、比較的狭いスペースでの

配置が可能です。最も基本的なキッチンの形として普及しております。

 

キッチンには様々な形があり、空間の大きさや

ライフスタイルに合わせたレイアウトを考えていくことが大事ですね。

ご家族にぴったりなキッチンを選び快適な空間を作っていきましょう。

 

引用参考ウェブサイト
http://www.daiwahouse.co.jp/column/kitchen/kitchen02.html

その他のコンテンツ