特集 話題のゼロエネルギーハウスとは!(第1回)

― ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)-

今回から、連続で、ゼロエネルギーハウス、住宅広告等で
よく見かけるかと思いますがZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
について特集していきたいと思います。

この

― ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)-
の定義は、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現したうえで、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとなることを目指した住宅」とされています。

簡単に言いますと、
〇壁・床・屋根や天井の断熱性能を上げて、
〇空調や給湯などの設備は省エネに特化したものを選び、
〇太陽光発電などの設備を導入して
〇「消費エネルギー量」-「創エネルギー量」=0(ゼロ)

となる住宅のことを指します。

 

zeh01

〇断熱性能の向上
断熱性能を上げることで熱が逃げにくくなり、熱効率が上がって省エネに!

〇省エネ
省エネ・エネルギー効率に特化した設備(空調・給湯・照明など)の導入!
・高効率エアコン ・LED照明 ・エコキュート、エネファームなどの給湯設備  ...etc
〇創エネ:再生可能エネルギーシステムの導入

太陽光発電などでエネルギーをつくり、エネルギー収支をゼロに!

〇電力の「見える化」

「HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」を導入して

発電量・電力使用量を「見える化」し、管理!
するということになります。



次回はさらに詳しい内容を解説していきたいと思います。


その他のコンテンツ